ニュース詳細

2017.05.12 13:04

CRAZYBLOG vol.6 セイドウイツセイショウガイ?

性同一性障害ってコトバが昔から好きじゃないです。

「障害」ってトコロがなんか気に食わない。

なんでもかんでも病名つけて、型に入れちゃう。

僕も幼い頃、 なんか難しそうな横文字のヤツを、それらしい白衣のヒトに言われた経験があります。

それを言われて凹んだのかどうかすら

今では覚えてないけど

それでも

オトナになってから

俺全然マトモだわ。って更に自信つけてるので

なんか難しそうな病名付けられてもダイジョーブです(●´ω`●)

自分の可能性に絶対に蓋をするなよ。

さて

CRAZYは喫茶店なのに、なぜにいきなりこのような事を書いているかと言うと、

自慢のバイトちゃん「ハルト」が、社会ではそう呼ばれるそうです。

良い顔してるでしょ。

僕は彼の不意に見せる笑顔が一番好きだけどね。

面接の際に「男性として扱って欲しい。」と単刀直入に言われました。

自分の意見が率直に言える子が好きです。

即採用。

ハルトは女性として産まれながら、男性として生きる事を決めています。

沢山の葛藤と苦労があったと思います。

無かったかも知れんけど。

苦労しようが、何も無かろうが

どんな生き方があったとしても

それは自分が選んだ道ですもん。

命を与えてくれた家族への感謝だけは忘れず

好きに生きたら良いと思う。

でね

ハルトはとても素敵な活動をしています。

本当に自慢のバイトちゃんなんよ。

小中学校や、定時制高校、企業などで講演活動をしています。

メディアにも、こないだ取り上げられていました。

教育現場における教育者へ向けて

ハルトと同じように悩む子の想いを少しでも届けに。

ミンナが住み易い世界を作りたい。

なので、 教育者や親御さんへ向けてアプローチを続けるのだそうです。

小さなカラダで大きな旗を掲げた「ハルト」。

沢山の人にハルトを知ってもらいたくて、長く書いちゃった。

あ、

CRAZYは六月よりフルーツジャーを一旦やめて

新たなチャレンジします。

無我夢中ってカッコイイじゃん?

CRAZYDINING